頭痛の原因と、症状を和らげる食べ物

頭痛をお持ちの方はまずは病院へ

頭痛を持っている人は、全国で3000万人いると言われています。

自分の頭痛が、どんなタイプなのかを初めに良く知ることが大切です。

重大な疾患を患っている場合もありますので、まずは病院で診てもらうことを最優先しましょう。

特に医師の診断が必要な場合

・普段の頭痛とは違う痛み

・お薬を飲んでも効かないもの

・発熱、手足がしびれる、意識が分からなくなるなど頭痛以外の症状もあるもの

頭痛の症状で、特に危険なものは

・クモ膜下出血

・脳出血

・慢性硬膜下血腫(こうまくかけっしゅ)・・頭を強打したもの

・髄膜炎(ずいまくえん)

しかし、検査してもはっきりとした原因がわからない頭痛は、「機能性頭痛」といい、片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛の3つのタイプに分類できます。

片頭痛

血管が拡張して、ズキンズキンと拍動型の痛みをおこすものです。

場所は、こめかみから目のあたりに、発作のように起きます。

痛み出すと、4時間~数日は続くことが多いです。

片側に起きることが多いですが、両方におきることもあります。

女性ホルモンが関係していると言われており、20代から40代の女性に多いのが特徴です。

片頭痛の原因

片頭痛の原因は解明されておりません。

片頭痛の対処法

規則正しい生活、規則正しい食事を心掛けましょう。

ワインやチーズ、薬が原因でおきるときは、これらを摂取しないようにしましょう。

ストレスをなるべくためないようにしましょう。これは、緊張型頭痛と同じです。

もし頭痛がおきてしまったら、部屋の電気を消して寝たり、痛む場所をアイスパックなどで冷やしましょう。

片頭痛をお持ちの方に体に優しい漢方成分を含んだサプリメントのご紹介

ズキラックは、3種類の漢方成分と美容成分を含んだサプリメントです。

今注目されている大豆イソフラボンも含んでいます。

薬になるべく頼りたくない方にお勧めのサプリメントです。

大豆イソフラボンは、1日基準値の120%に当たる30mgを含んでいます。

返金保証、初回のキャンペーン価格でこちらのサイトからご購入頂けます↓

ズキズキ痛む片頭痛に【ズキラック】

緊張型頭痛

最も多いのがこの頭痛です。頭を包んでいる筋肉が持続的に収縮することにより起こります。

この頭痛は、痛みの度合に個人差がありますが、頭を締め付けるような痛みが特徴で、長時間続き、すっきりと症状がとれることはあまりありません。

肩こりや首コリも伴うことが多く、首を押すと痛みを訴え、首が硬くて動かしずらいのが特徴です。

緊張型頭痛の原因

ストレスや体の痛み、目の疲れなどによって起きる筋肉の収縮が原因です。

この頭痛が、またストレスになり筋肉を収縮させて頭痛をひどくさせる場合もあります。

緊張型頭痛の対処

ストレスをためない工夫をする。

趣味や運動などに取り組む。

無理せずつづけられる有酸素運動などをなるべく毎日行う。

良い姿勢を心掛ける。

こった場所を温シップや温めたタオルで温める。

お風呂にしっかりつかる。

群発頭痛(ぐんぱつずつう)

片側の目の奥に、強い痛みを発症する頭痛で、毎日のように決まった時間に1か月くらいの期間続きます。

男性で20代~30代に発症しやすいのが特徴です。

年に1~2回の周期で起こりやすく、睡眠中や、朝方に目の奥に発症しやすいです。

症状は、目の奥をえぐるような痛みが起きて、1~2時間で自然になおります。

群発頭痛の原因

原因ははっきりわかっておりませんが、目の奥にある太い血管が拡張することによりその周りが炎症を起こし、神経を刺激することにより起こると言われています。

群発頭痛の対処法

症状が出ているときは、アルコールを飲まない。

入浴で痛みが起こる人は、シャワーのみする。

血管拡張薬を飲んでいる人は、医師に相談する。(この頭痛は、血管拡張によって起きる為)

発作時には、100%濃度の酸素吸入が効きますが、発作が起きたらまずは病院に行きましょう。

頭痛を和らげる食べ物は?

これから紹介するものは、食べ物なのですぐに効果があるわけではありませんが、栄養をしっかりと摂取することにより、改善する可能性があります。

1.ベイクドポテト

カリウムは、頭痛解消に効果があるとされており、イモの皮には豊富にカリウムを含んでいるので効果があるとされています。

2.スイカ

頭痛の原因の一つに、水分不足が考えられる場合があります。

よって、スイカのように水分を多く含む食品を食べることをおすすめします。

また、野菜や果物の水分には、ミネラルを多く含むため頭痛の予防にもなります。

3.コーヒー

コーヒーに含まれるカフェインは血管を収縮させます。

お酒を飲んだ次の日に起きる頭痛には、コーヒーが良いといわれているのは、アルコールで血管が拡張しているものを、カフェインで収縮させるからです。

しかし、コーヒーのカフェインには利尿作用があり、体内の水分を失うため、頭痛を悪化してしまう場合もあるので、適量で飲むようにしましょう。

二日酔いには、1杯のコーヒーがよいと言われています。

4.アーモンド

アーモンドには、マグネシウムをたくさん含むので、血管をリラックスさせるマグネシウムを摂取することで、片頭痛が改善できる可能性があります。

5.サルサソース

スパイシーな食品は、炎症を抑える効果があるので、副鼻腔炎が原因となっている頭痛の場合、鼻の通りを良くし、頭痛を軽減できる場合があります。

6.ヨーグルト

脳の状態を良くするには、カルシウムが必要です。

ガンガンする頭痛の場合、カルシウムが不足している場合があります。

7.ゴマ

ゴマは、ビタミンEが豊富なので、血液の循環を良くします。

また、マグネシウムが豊富なので、血管をリラックスさせます。

8.ほうれん草

ほうれん草は、血圧を下げる効果があります。

また、頭痛の予防にもなると言われています。

サラダにほうれん草を追加してみるのも良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする